アドマイヤマーズ引退、種牡馬入りへ

アドマイヤマーズが現役を引退し、社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることが17日、管理する友道康夫調教師から発表されました。

2018年6月に中京でデビューし、無傷の4連勝で朝日杯フューチュリティステークスを制覇しました。

3歳となった昨年は春にNHKマイルカップ、暮れに香港マイルを制し、連覇に挑み、3着だった12月13日の香港マイルがラストランになりました。

通算13戦6勝。

関連記事

  1. ディアドラ、引退、繁殖入り

  2. シャインガーネット、秋華賞断念

  3. アリストテレス、ディープボンド、サトノアーサーなど放牧へ

  4. チャンピオンズC出走馬の今後予定(チュウワウィザード、インティ、クリソ…

  5. ワールドプレミア、15日に帰厩

  6. ハーツクライが種牡馬引退

  7. 岩田望来騎手は急性胃腸炎と発表

  8. ティーハーフが引退