ウェスタールンド、みやこS回避

みやこステークスに出走予定だったウェスタールンドが、11月4日の朝の調教後、右腰に痛みが出たため回避することになりました。今年のアンタレスステークスで重賞初制覇し、前走のエルムステークスでも2着と好走しており、秋の始動戦で注目を集めていました。

佐々木調教師は、「右腰の痛みのため、出走を見送ることになりました。今後は未定です」とコメントしています。

関連記事

  1. サトノフラッグ、全治6ヶ月以上の骨折

  2. 秋山騎手、調教中に落馬し骨折

  3. サイモンラムセスは鳴尾記念で引退

  4. ディアドラ、引退、繁殖入り

  5. クロノジェネシス、ダイワキャグニー、放牧へ

  6. インディチャンプ、スプリンターズS出走ピンチ

  7. チャンピオンズC出走馬の今後予定(チュウワウィザード、インティ、クリソ…

  8. ミカエル・ミシェル騎手、今年のJRA騎手免許試験断念