エポカドーロが引退

2018年の皐月賞をエポカドーロが、現役を引退することが決まりました。

昨年の大阪杯10着の後、腸捻転などで休養しており、7月22日に帰厩後、札幌記念での復帰を目標に調整が進められていましたが、心身ともに全盛期には程遠いと判断されましたため、引退が決まりました。通算成績10戦3勝で、今後については未定とされています。

関連記事

  1. ルメール騎手、今年も金杯デーの騎乗なし

  2. 2021年度新人騎手の騎乗予定鞍数発表

  3. ティーハーフが引退

  4. サトノフラッグ、全治6ヶ月以上の骨折

  5. ジャパンカップ出走想定馬

  6. 的場文男騎手、黄綬褒章を受賞

  7. ミカエル・ミシェル騎手、今年のJRA騎手免許試験断念

  8. トウカイテイオー最後の産駒、異例の7歳デビュー