オジュウチョウサン、中山大障害回避

京都ジャンプステークスで3着に敗れ、障害競走の重賞連勝数が13でストップしたオジュウチョウサンが、脚部の故障のため、中山大障害を回避することになりました。
京都ジャンプステークスで左前脚をひねって腫れが見られ、大事をとって大障害を回避するとのことです。今後は、10歳になる来春の復帰を目指して中山グランドジャンプの6連覇に備える予定です。

関連記事

  1. ダンシングプリンスはカペラステークスへ

  2. レッドベルオーブは皐月賞へ直行

  3. ワグネリアンは富士ステークスへ

  4. オウケンムーンはアルゼンチン共和国杯へ

  5. アドマイヤアルバはオールカマーへ

  6. グランデマーレ、神戸新聞杯で復帰

  7. ステルヴィオは阪神カップへ

  8. ユーキャンスマイル、ワールドプレミア、JCへ