クリンチャー、名古屋大賞典へ

Jpn3佐賀記念を2着に9馬身差をつけ、コースレコードで勝利したクリンチャーは、引き続き川田将雅騎手を鞍上に据えて、Jpn3名古屋大賞典へ向かうことになりました。

管理する宮本調教師は「ダートで良馬場でレコードを出したのだから、すごいよね。レース後も具合がいいので、次も楽しみにしているよ」とコメントしました。

関連記事

  1. ディープボンドは次走有馬記念へ

  2. インディチャンプは安田記念へ

  3. サリオス、大阪杯へ

  4. ミッキーブリランテは京阪杯をステップに阪神カップへ

  5. トーセンカンビーナは昨年同様、アルゼンチン共和国杯へ

  6. 7/22版 2歳馬の次走情報(スリーパーダなど)

  7. ロジクライはアイビスサマーダッシュに挑戦

  8. NHKマイル2着馬ソングライン、次走は富士ステークス