クリンチャー、名古屋大賞典へ

Jpn3佐賀記念を2着に9馬身差をつけ、コースレコードで勝利したクリンチャーは、引き続き川田将雅騎手を鞍上に据えて、Jpn3名古屋大賞典へ向かうことになりました。

管理する宮本調教師は「ダートで良馬場でレコードを出したのだから、すごいよね。レース後も具合がいいので、次も楽しみにしているよ」とコメントしました。

関連記事

  1. サンアップルトン、有馬記念へ

  2. スマイルカナは京成杯オータムハンデから始動

  3. 上がり馬のフライライクバードはアルゼンチン共和国杯へ

  4. キルロードは京阪杯で初の重賞制覇を狙う

  5. コントレイルは神戸新聞杯から菊花賞へ

  6. ペルシアンナイトが金鯱賞から始動

  7. ワールドプレミア、ユーキャンスマイル、有馬記念へ

  8. シリウスステークスを制したサンライズホープはチャンピオンズカップへ