クロフネが老衰のため23歳で死す

JRAは18日、2001年にNHKマイルカップとジャパンカップダートの芝&ダート両G1を優勝したクロフネが17日に死んだと発表しました。

23歳でした。

 同馬は2001年度JRA賞最優秀ダートホースを受賞。10戦6勝の成績で現役引退後は北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入り。ホエールキャプチャやカレンチャンのG1馬など数々の活躍馬を輩出し、2018年シーズンを最後に、功労馬として繋養されていました。

関連記事

  1. マーフィー騎手、コカイン使用疑惑浮上

  2. ハーツクライが種牡馬引退

  3. マイルCSの登録馬発表

  4. 日本ダービーの出走予定馬と騎乗予定騎手一覧

  5. レシステンシア、秋華賞回避

  6. ミスマンマミーア引退、繁殖入り

  7. チュウワウィザード、骨折し休養

  8. ダンツゴウユウ、屈腱炎発症