クロフネが老衰のため23歳で死す

JRAは18日、2001年にNHKマイルカップとジャパンカップダートの芝&ダート両G1を優勝したクロフネが17日に死んだと発表しました。

23歳でした。

 同馬は2001年度JRA賞最優秀ダートホースを受賞。10戦6勝の成績で現役引退後は北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入り。ホエールキャプチャやカレンチャンのG1馬など数々の活躍馬を輩出し、2018年シーズンを最後に、功労馬として繋養されていました。

関連記事

  1. 暴行罪確定の木村哲也調教師、29日から調教停止

  2. グロンディオーズ、骨折し休養へ

  3. メールドグラース、引退

  4. 社台スタリオンステーション、今年の種牡馬の種付頭数を発表

  5. クリノガウディー、喉の検査へ

  6. ノームコア、引退し繁殖入り

  7. 蛯名騎手、現役最後の重賞騎乗は中山記念

  8. サイモンラムセスは鳴尾記念で引退