グロンディオーズが疝痛で急死

今年のダイヤモンドステークスで重賞初制覇を飾ったグロンディオーズが16日、疝痛により急死したことが、所属するサンデーサラブレッドクラブのホームページで発表されました。

同馬は右前肢の骨折により福島県のノーザンファーム天栄へ放牧に出されていましたが、牧場で疝痛を発症。15日夜に美浦トレセンの診療所に移動して緊急手術を行ったものの、16日にJRAの獣医師より予後不良の診断が下され、安楽死の処置が施されました。

通算11戦5勝。目黒記念4着が現役最後のレースになりました。

関連記事

  1. 福永騎手、2日間の騎乗停止

  2. ウェスタールンド、みやこS回避

  3. 横山琉人騎手、調教中落馬し右足腓骨骨折

  4. ヴェルトライゼンデ、屈腱炎発症

  5. 未出走馬レッツゴーアスク、りんどう賞でデビュー

  6. ディアドラ、ホリー・ドイル騎手とバーレーンへ転戦

  7. 日本ダービーの出走予定馬と騎乗予定騎手一覧

  8. 秋華賞の登録馬発表