サクセスブロッケン、誘導馬を引退

2008年のジャパンダートダービー、2009年のフェブラリーステークスを制し、引退後は東京競馬場で誘導馬として過ごしていたサクセスブロッケンが、21日に行われたフェブラリーステークスでの誘導を最後に、誘導馬を引退しました。

怪我などによる引退ではないそうで、今後は鹿児島県にあるホーストラスト牧場に移動することになっています。

関連記事

  1. エポカドーロが引退

  2. グランアレグリア、鞍上ルメール

  3. アドマイヤマーズ、香港マイル招待受諾

  4. ウェスタールンド、みやこS回避

  5. タワーオブロンドン、香港国際競走を視野に

  6. ミツバ、年内での引退予定

  7. バビット、右前浅屈腱炎発症

  8. ワールドプレミア、15日に帰厩