サクセスブロッケン、誘導馬を引退

2008年のジャパンダートダービー、2009年のフェブラリーステークスを制し、引退後は東京競馬場で誘導馬として過ごしていたサクセスブロッケンが、21日に行われたフェブラリーステークスでの誘導を最後に、誘導馬を引退しました。

怪我などによる引退ではないそうで、今後は鹿児島県にあるホーストラスト牧場に移動することになっています。

関連記事

  1. 天皇賞・秋の登録馬発表

  2. マイルCSの登録馬発表

  3. 福永騎手、2日間の騎乗停止

  4. アドマイヤビルゴ、菊花賞は回避の方向

  5. クロノジェネシス、ダイワキャグニー、放牧へ

  6. 暴行罪確定の木村哲也調教師、29日から調教停止

  7. ダノンプレミアムが引退、種牡馬入り

  8. 岩田望来騎手は急性胃腸炎と発表