サトノフラッグ、全治6ヶ月以上の骨折

13日に行われたエプソムカップで2着のサトノフラッグが、右橈骨遠位端骨折を発症したということを、JRAが発表しました。今後は6ヶ月以上の休養を要する見込みとなっております。

昨年の弥生賞ディープインパクト記念で重賞初制覇を飾り、同年行われた菊花賞では5番人気で3着でした。

関連記事

  1. 秋華賞の登録馬発表

  2. 福永騎手、2日間の騎乗停止

  3. サクセスブロッケン、誘導馬を引退

  4. 暴行罪確定の木村哲也調教師、29日から調教停止

  5. デビュー3年目の団野大成騎手、イギリス修行へ

  6. トウカイテイオー最後の産駒、異例の7歳デビュー

  7. ワールドプレミア、15日に帰厩

  8. ディアドラ、今後については状態を見て判断