サトノフラッグ、全治6ヶ月以上の骨折

13日に行われたエプソムカップで2着のサトノフラッグが、右橈骨遠位端骨折を発症したということを、JRAが発表しました。今後は6ヶ月以上の休養を要する見込みとなっております。

昨年の弥生賞ディープインパクト記念で重賞初制覇を飾り、同年行われた菊花賞では5番人気で3着でした。

関連記事

  1. マイラプソディ、鼻出血発症で菊花賞アウト

  2. ミカエル・ミシェル騎手、今年のJRA騎手免許試験断念

  3. クリノガウディー、喉の検査へ

  4. フィエールマン、一旦放牧へ

  5. アリストテレス、放牧し来年へ

  6. チュウワウィザード、骨折し休養

  7. エポカドーロが引退

  8. 武豊騎手、フランスからの帰国を報告