シーザリオが死亡

2005年日米のオークスを制し、同年のJRA賞最優秀3歳牝馬および最優秀父内国産馬を受賞し、現役引退後はノーザンファームにおいて繁殖牝馬として供用され、エピファネイアやリオンディーズなどの産駒を輩出したシーザリオが、2月27日、子宮周囲の動脈断裂による出血性ショックのため死亡しました。

19歳でした。

関連記事

  1. 武豊騎手、今週から騎乗再開

  2. 武豊騎手、右足の骨折で春のG1シリーズ前半は絶望

  3. ミスマンマミーア引退、繁殖入り

  4. アドマイヤビルゴ、菊花賞は回避の方向

  5. 福永騎手、2日間の騎乗停止

  6. タワーオブロンドン、スプリンターズS回避

  7. 武豊騎手、フランスからの帰国を報告

  8. ワールドプレミア、15日に帰厩