シーザリオが死亡

2005年日米のオークスを制し、同年のJRA賞最優秀3歳牝馬および最優秀父内国産馬を受賞し、現役引退後はノーザンファームにおいて繁殖牝馬として供用され、エピファネイアやリオンディーズなどの産駒を輩出したシーザリオが、2月27日、子宮周囲の動脈断裂による出血性ショックのため死亡しました。

19歳でした。

関連記事

ページ上部へ戻る