シーザリオが死亡

2005年日米のオークスを制し、同年のJRA賞最優秀3歳牝馬および最優秀父内国産馬を受賞し、現役引退後はノーザンファームにおいて繁殖牝馬として供用され、エピファネイアやリオンディーズなどの産駒を輩出したシーザリオが、2月27日、子宮周囲の動脈断裂による出血性ショックのため死亡しました。

19歳でした。

関連記事

  1. グロンディオーズが疝痛で急死

  2. ミカエル・ミシェル騎手、1月から来日か

  3. 大塚騎手、所属の木村哲也調教師をパワハラ提訴

  4. バビット、右前浅屈腱炎発症

  5. 大塚海渡騎手、復帰に向け年明けからの運動開始

  6. 笠松競馬関係者ら、所得隠しの指摘

  7. センテリュオ、京都記念出走せず引退

  8. ハーツクライが種牡馬引退