ダンツゴウユウ、屈腱炎発症

大沼Sを快勝し、エルムステークスに向けて調整していたダンツゴウユウが屈腱炎を発症したため、エルムステークスの登録を見送り、回避する方向となりました。

谷調教師は「角馬場でトモを落として、検査をした結果、右トモの屈腱炎だとわかりました。経過を見てみないとだけど、引退になりそうですね」と今後の見通しを語りました。

関連記事

  1. ワールドプレミア、15日に帰厩

  2. フィエールマン、長期休養へ

  3. タワーオブロンドン、スプリンターズS回避

  4. ミッキースワロー、競走馬登録抹消

  5. ハーツクライが種牡馬引退

  6. チャンピオンズC出走馬の今後予定(チュウワウィザード、インティ、クリソ…

  7. ミカエル・ミシェル騎手、1月から来日か

  8. アドマイヤマーズ引退、種牡馬入りへ