ダンツゴウユウ、屈腱炎発症

大沼Sを快勝し、エルムステークスに向けて調整していたダンツゴウユウが屈腱炎を発症したため、エルムステークスの登録を見送り、回避する方向となりました。

谷調教師は「角馬場でトモを落として、検査をした結果、右トモの屈腱炎だとわかりました。経過を見てみないとだけど、引退になりそうですね」と今後の見通しを語りました。

関連記事

  1. 秋華賞の登録馬発表

  2. フィエールマン、一旦放牧へ

  3. ダノンプレミアムが引退、種牡馬入り

  4. 横山琉人騎手、調教中落馬し右足腓骨骨折

  5. ノームコア、引退し繁殖入り

  6. 大塚海渡騎手、復帰に向け年明けからの運動開始

  7. タニノフランケル、転厩

  8. マーフィー騎手、コカイン使用疑惑浮上