チュウワウィザード、骨折し休養

昨年のチャンピオンズカップなどダートG1を3勝しているチュウワウィザードが、右第1指骨を剥離骨折していることが7日、JRAから発表されました。今後は3カ月以上の休養を要する見込みです。

今年はサウジカップ9着のあと、ドバイワールドカップで2着に入りましたが、帰国初戦の交流G1の帝王賞で6着に敗れていました。

帝王賞の結果次第では、アメリカ遠征も予定されていましたが、今回の骨折により、アメリカ遠征どころか、日本でも秋のG1戦線への出走が微妙になりました。

関連記事

  1. 秋華賞の登録馬発表

  2. ヴェルトライゼンデ、屈腱炎発症

  3. ミカエル・ミシェル騎手、1月から来日か

  4. 三津谷隼人騎手が引退

  5. 武豊騎手、今週から騎乗再開

  6. 的場文男騎手、黄綬褒章を受賞

  7. 笠松競馬関係者ら、所得隠しの指摘

  8. グロンディオーズ、骨折し休養へ