チュウワウィザード、骨折し休養

昨年のチャンピオンズカップなどダートG1を3勝しているチュウワウィザードが、右第1指骨を剥離骨折していることが7日、JRAから発表されました。今後は3カ月以上の休養を要する見込みです。

今年はサウジカップ9着のあと、ドバイワールドカップで2着に入りましたが、帰国初戦の交流G1の帝王賞で6着に敗れていました。

帝王賞の結果次第では、アメリカ遠征も予定されていましたが、今回の骨折により、アメリカ遠征どころか、日本でも秋のG1戦線への出走が微妙になりました。

関連記事

  1. クロフネが老衰のため23歳で死す

  2. レシステンシア、秋華賞回避

  3. ディアドラ、引退、繁殖入り

  4. ペルシアンナイト、現役続行し中距離路線へ

  5. フィエールマン、長期休養へ

  6. 北村友一騎手、落馬負傷で戦線離脱

  7. 大塚騎手に暴行の木村師に罰金10万円の略式命令

  8. 秋華賞の登録馬発表