デアリングタクト、ジャパンカップへ

10月18日の秋華賞で牝馬3冠を達成したデアリングタクトが、11月29日のジャパンカップに向かうことがわかりました。

10月28日、杉山晴紀調教師が「ダメージもないので、ジャパンカップに松山騎手で行きます」と明かしました。デアリングタクトは来週、栗東に帰厩予定で、ジャパンカップに向けて調整を進めていくようです。

関連記事

  1. アフリカンゴールドは次走中日新聞杯へ

  2. サリオス、ルメール騎手鞍上で毎日王冠

  3. ダノンプレミアム、天皇賞・秋へ

  4. ブラヴァスは福島記念へ

  5. レシステンシア、エリザベス女王杯かマイルCSへ

  6. 白毛馬のハヤヤッコはシリウスステークスへ

  7. エルムステークスを制したスワーヴアラミスはみやこステークスへ

  8. マテラスカイは盛岡のクラスターカップで連覇を狙う