ディアドラ、今後については状態を見て判断

凱旋門賞8着のディアドラについて、橋田調教師は「馬場をこなすことができませんでした。フランスの馬が上位に来ているのは適性というものがあるのだと思います。(今後については)今季で引退することは決まってますし、馬の状態を見ながら決めたいと思います」とコメントしました。

関連記事

  1. JBC競走のJRA所属の登録馬発表

  2. サートゥルナーリア、天皇賞・秋回避の方向

  3. ミカエル・ミシェル騎手、今年のJRA騎手免許試験断念

  4. アリストテレス、ディープボンド、サトノアーサーなど放牧へ

  5. 三津谷隼人騎手が引退

  6. ルメール騎手、今年も金杯デーの騎乗なし

  7. ペルシアンナイト、現役続行し中距離路線へ

  8. アリストテレス、放牧し来年へ