ディアドラ、引退、繁殖入り

ヨーロッパを転戦していたディアドラの現役引退、繁殖入りが決定しました。
橋田調教師は「ヨーロッパのいい種馬がどれでも付けられるオファーがきていて、彼女に合った種馬を付けようとオーナーと相談しています」とコメントしています。
まずは拠点としていたイギリスのニューマーケットに戻り、今後についての検討を進めていく方針です。

関連記事

  1. 武豊騎手、ジャパンで凱旋門賞騎乗へ

  2. 福永騎手、2日間の騎乗停止

  3. 秋華賞の登録馬発表

  4. クロノジェネシス、ダイワキャグニー、放牧へ

  5. 大塚騎手、所属の木村哲也調教師をパワハラ提訴

  6. G1における武豊騎手からの乗り替わり一覧(3/25付)

  7. 日本ダービーの出走予定馬と騎乗予定騎手一覧

  8. ノームコア、引退し繁殖入り