デビュー3年目の団野大成騎手、イギリス修行へ

デビュー3年目の団野大成騎手が、今秋にイギリスへ遠征することになりました。研修先はニューマーケットに調教拠点を置く、ロジャー・ヴァリアン厩舎。今回は調教騎乗が目的で、無償で厩舎作業などを手伝うとのことです。「期間は2カ月弱で、夏(競馬)が終わってすぐに行きます」と明かしました。

凱旋門賞に挑戦するクロノジェネシスに帯同することもあり、「“それなら凱旋門賞以外(の欧州競馬)も見てくればいい”と、(師匠の)斉藤崇先生が言ってくださって。そこで決まったのがイギリスでした」と経緯を説明。「ライセンスの関係でレースには乗れないのですが、向こうでいろいろと勉強してきたい」と目を輝かせていました。

関連記事

  1. 武豊騎手、腰痛で今週の騎乗取りやめ

  2. 蛯名騎手、現役最後の重賞騎乗は中山記念

  3. メイショウオウドウ、心不全で死亡

  4. コルテジア、中日新聞杯回避

  5. スズカデヴィアス、障害レース出走へ

  6. サクセスブロッケン、誘導馬を引退

  7. 社台スタリオンステーション、今年の種牡馬の種付頭数を発表

  8. 武豊騎手、フランスからの帰国を報告