ビターエンダー、全治1年の骨折

昨年のリステッド競走プリンシパルステークス勝ち馬で、G3共同通信杯2着、昨年の牡馬クラシックを三冠とも出走し、G2中山記念に登録のあったビターエンダーは、左後肢種子骨骨折のため同レースを見送ることになりました。

全治まで1年を要する見込みです。

関連記事

  1. ディアドラ、凱旋門賞の鞍上はスペンサー騎手

  2. ダノンプレミアムが引退、種牡馬入り

  3. ジョーカナチャン引退、繁殖入り

  4. ロードクエスト、中距離路線へ

  5. ミスマンマミーア引退、繁殖入り

  6. ダンツゴウユウ、屈腱炎発症

  7. スズカデヴィアス、障害レース出走へ

  8. ワールドプレミア、15日に帰厩