フィエールマン、一旦放牧へ

オールカマーを熱発で回避したフィエールマンは、天皇賞・秋から有馬記念のローテーションを検討中です。サンデーレーシングのHPで発表されました。

当初は24日にオールカマーに向けた最終追い切りを予定していましたが、前日の夜に熱発しました。

抗生剤を投与し、木曜日には平熱に戻っていましたが、大事を取って出走を回避しました。

手塚調教師は「調子が良すぎたのかな。残念です。幸い脚もとではないので、来週にも放牧に出す予定です。今後はオーナーサイドと協議することになりますが、東京のG1へ向かいたいです」と話していました。

来週に一旦ノーザンファーム天栄に放牧に出される予定となっています。

関連記事

  1. 武豊騎手、フランスからの帰国を報告

  2. 2/28で引退となる騎手・調教師一覧

  3. ミカエル・ミシェル騎手、今年のJRA騎手免許試験断念

  4. ノームコア、引退し繁殖入り

  5. サリオス、マイルCSか香港

  6. デビュー3年目の団野大成騎手、イギリス修行へ

  7. アドマイヤビルゴ、菊花賞は回避の方向

  8. タワーオブロンドン、香港国際競走を視野に