マーフィー騎手、コカイン使用疑惑浮上

日本に来日経験のある、イギリスのオイシン・マーフィー騎手は、フランスで受けた尿検査において、違法薬物の一つであるコカインの陽性反応を示したことが明らかになりました。

ただし、マーフィー騎手自身は本人のTwitterで、コカインの使用を否定しており、毛髪検査を依頼して陰性であったことを公表しています。

フランスの競馬統括団体フランスギャロとも、今回の件を共有しています。

現在は、もう1つの検体の結果待ちになっています。

関連記事

ページ上部へ戻る