ミカエル・ミシェル騎手、今年のJRA騎手免許試験断念

フランスのミカエル・ミシェル騎手が29日に行われるJRA騎手免許試験を断念することが明らかになりました。就労ビザの取得が困難となっており、来日後14日間の隔離生活などもあり、熟考の末に決断したようです。

昨年、札幌でのワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)で初来日。将来的にJRA通年免許を熱望し、今秋の受験に向けて日本語習得にも取り組み、「楽な道ではないですが、チャレンジしたいです」と意気込んでいました。

今後は早ければ来年1月以降、短期免許での再来日を目指す意向です。

関連記事

ページ上部へ戻る