ミスマンマミーア引退、繁殖入り

今年のG2日経新春杯で2着に入り、4月にはオープンの大阪―ハンブルクカップでレコード勝ちし、その勢いで挑んだ前走G1宝塚記念は6着だったミスマンマミーアが、左前脚に靱帯損傷と浅屈腱炎を発症したため、2日に競走馬登録を抹消し、引退することとなりました。

同馬は地方競馬の門別でデビューし、船橋所属を経て、2019年春から中央へ転厩しました。

中央では芝の中長距離路線で活躍し、力をつけてきていました。

通算37戦6勝(地方含む)

関連記事

  1. ディアドラ、凱旋門賞の鞍上はスペンサー騎手

  2. ティーハーフが引退

  3. アドマイヤマーズ、香港マイル招待受諾

  4. ミカエル・ミシェル騎手、今年のJRA騎手免許試験断念

  5. コパノキッキングは武豊騎手とのコンビでサマーチャンピオンへ

  6. フィエールマン、長期休養へ

  7. センテリュオ、京都記念出走せず引退

  8. グランアレグリア、鞍上ルメール