メールドグラース、引退

2019年のオーストラリアG1・コーフィールドカップを勝ったメールドグラースが、左前脚の屈腱不全断裂のため現役を引退することが9日、キャロットクラブのホームページで発表されました。

2019年4月の新潟大賞典で重賞初制覇を飾ると、6月の鳴尾記念、8月の小倉記念と3連勝し、海外初遠征のコーフィールドカップでG1初制覇を達成。同年11月のメルボルンカップ(6着)が最後のレースとなり、その後は故障で休養に入っていました。

関連記事

  1. ミツバ、年内での引退予定

  2. グロンディオーズ、骨折し休養へ

  3. 武豊騎手、腰痛で今週の騎乗取りやめ

  4. バビット、右前浅屈腱炎発症

  5. 天皇賞・秋の登録馬発表

  6. センテリュオ、京都記念出走せず引退

  7. リバティハイツ、サトノガーネット、引退

  8. タニノフランケル、転厩