ラブバレット、予後不良

岩手競馬所属で、地方交流重賞でも好走経験のあるラブバレットが、25日に行われた水沢12R・スプリント特別で競走中止となり、検査の結果、右第一指骨開放骨折と診断され、予後不良となったことを、岩手競馬が発表しました。

16年シーズン、17年シーズンの岩手競馬の年度代表馬で、17年には、交流重賞のクラスターカップや兵庫ゴールドトロフィーで2着に健闘するなど、JRA勢にも互角の競馬を演じ、“岩手の雄”として知られていました。

通算成績70戦23勝(うち中央8戦0勝)。

関連記事

  1. 横山琉人騎手、調教中落馬し右足腓骨骨折

  2. アドマイヤマーズ、香港マイル招待受諾

  3. 未出走馬レッツゴーアスク、りんどう賞でデビュー

  4. 大塚海渡騎手、復帰に向け年明けからの運動開始

  5. エポカドーロが引退

  6. 秋華賞の登録馬発表

  7. サトノフラッグ、全治6ヶ月以上の骨折

  8. 蛯名騎手、現役最後の重賞騎乗は中山記念