ワグネリアンは武豊と新コンビ結成

昨年の宝塚記念以降休養していたワグネリアンが、鞍上に初めて武豊騎手を迎え、京都記念で復帰することがわかりました。管理する友道調教師が1月27日、明らかにしました。

友道調教師はこの日、宝塚記念後に、喉の手術をしていたことを明かし、「体の具合は良さそうな感じ。来週ジョッキー(武豊騎手)に乗ってもらえたら」と説明しました。

関連記事

  1. メイケイエールは短距離路線のキーンランドカップへ

  2. キセキは京都大賞典から復活

  3. ミッキーブリランテは京阪杯をステップに阪神カップへ

  4. 良血馬ベルクレスタはアルテミスステークスへ

  5. デアリングタクト、ジャパンカップへ

  6. アネモネステークスを制したアナザーリリックは次走秋華賞

  7. 7/27版 3歳・古馬有力馬の次走情報(ステラヴェローチェなど)

  8. ビアンフェはセントウルステークスへ