ヴェルトライゼンデ、屈腱炎発症

一昨年のホープフルステークス2着、昨年のダービー3着とG1で好走しているヴェルトライゼンデは、屈腱炎で休養することになったことを、サンデーレーシングが発表しました。

今年は1月のアメリカジョッキークラブカップ2着で始動し、次走は3月27日の日経賞を予定していましたが、右前脚の膝裏に熱感が生じたことから、3日にエコー検査を受けたところ判明しました。長期休養を強いられますが復帰を目指し、今週中に放牧に出されるとのことです。

関連記事

  1. ティーハーフが引退

  2. 蛯名騎手、現役最後の重賞騎乗は中山記念

  3. アドマイヤマーズ引退、種牡馬入りへ

  4. ウーマンズハートが引退

  5. ルメール騎手、今年も金杯デーの騎乗なし

  6. ディアドラ、凱旋門賞の鞍上はスペンサー騎手

  7. シーザリオが死亡

  8. アドマイヤマーズ、香港マイル招待受諾