函館2歳ステークス制覇のナムラリコリス、放牧へ

函館2歳ステークスを制し、今年の2歳世代で最初のJRA重賞勝利となったナムラリコリスは、放牧に出ることになりました。

管理する大橋調教師は「この後のことは未定。レースぶりを見ると距離を延ばしてもよさそうだと思います。」と慎重に次走を決めようです。

札幌の新馬戦こそ、函館2歳ステークスで1番人気だったポメランチェの2着でしたが、函館の未勝利で勝利し、デビュー3戦目で重賞初制覇ということで、まだまだ伸びしろがあると思います。

父ジョーカプチーノ、母父マツリダゴッホということで、それほど距離は持たない、持っても1400mくらいのような気もします。今後だと、オール野芝のレースよりは、洋芝の混じった芝の方が向くと思うので、馬券で狙う時は、馬場設定も気にしてみると良いかもしれません。

関連記事

  1. デゼル、藤岡康太騎手で秋華賞へ

  2. アルテミスステークス2着のベルクレスタは次走阪神ジュベナイルフィリーズ…

  3. ヨーホーレイクは菊花賞へ

  4. リアアメリア新コンビで中山牝馬へ

  5. ステルヴィオは阪神カップへ

  6. 7/8版 3歳・古馬有力馬の次走情報(サトノレイナスなど)

  7. 古豪オジュウチョウサンは東京ハイジャンプで復帰

  8. 上がり馬のリレーションシップは次走阪神カップへ