北村友一騎手、落馬負傷で戦線離脱

北村友一騎手は5月2日の阪神2Rで、騎乗したジャグリングが向こう正面中間付近で、内側に斜行したサンマルレジェンドに触れ、転倒し、落馬負傷しました。北村友騎手は、胸部打撲に、血気胸、肋骨骨折の疑いで、兵庫・尼崎市内の病院に搬送され、この日は3R以降全て乗り替わりとなりました。

その後、搬送された尼崎市内の病院での診断の結果、椎体骨折、右肩甲骨骨折と判明しました。

現在のところ、全治は未定ですが、長期の戦線離脱は避けられないことになりました。

関連記事

  1. ヴェルトライゼンデ、屈腱炎発症

  2. 秋華賞の登録馬発表

  3. サイモンラムセスは鳴尾記念で引退

  4. ウーマンズハートが引退

  5. ヴェルトライゼンデ、ソエのため放牧

  6. ミカエル・ミシェル騎手、今年のJRA騎手免許試験断念

  7. G1における武豊騎手からの乗り替わり一覧(3/25付)

  8. サトノフラッグ、全治6ヶ月以上の骨折