栗東所属のJRA調教師、新型コロナウィルス感染

5/11、栗東トレセンに所属する調教師1名について、新型コロナウイルスに感染していることがJRAから発表されました。
JRAによると、当該調教師は、隔離のうえ療養措置となっているようです。5月15日(土)以降の中央競馬については、引き続き感染拡大防止の措置を徹底しつつ開催するとのことになっています。

関連記事

  1. 凱旋門賞登録日本馬はディアドラのみ

  2. JRA、2021年も「HOT HOLIDAYS!」

  3. JRA、1月9日からの3日間開催の中山競馬は無観客競馬

  4. JRAは10月4日までの無観客開催を決定

  5. 美浦トレセンの調教師、新型コロナウイルス感染

  6. JRA、10月10日より限定で入場再開

  7. ジャパンカップ枠順確定

  8. 笠松競馬関係者が競馬法第29条違反(馬券購入)の疑い