武豊騎手、腰痛で今週の騎乗取りやめ

突発性の腰痛で武豊騎手が今週3日間開催(9〜11日)の騎乗を断念することになりました。病院では「3日から5日の安静が必要」と診断されました。
武豊騎手のコメント
「水曜の調教後に腰に違和感を覚えました。そこから週末に向けて治療とケアで準備をしてきましたが、万全でないと判断し、今週の騎乗をやむなく見送ることにしました。関係者に迷惑をかけることになり申し訳なく思っています。来週以降は大丈夫です」

関連記事

  1. ダンツゴウユウ、屈腱炎発症

  2. サトノフラッグ、全治6ヶ月以上の骨折

  3. ルメール騎手、今年も金杯デーの騎乗なし

  4. サイモンラムセスは鳴尾記念で引退

  5. ノームコア、引退し繁殖入り

  6. ビターエンダーは故障し手術へ

  7. コパノキッキングは武豊騎手とのコンビでサマーチャンピオンへ

  8. 暴行罪確定の木村哲也調教師、29日から調教停止