的場文男騎手、黄綬褒章を受賞

2020年秋の褒章で、大井競馬所属の的場文男騎手が黄綬褒章を受章することがわかりました。

現役騎手としては、JRA・地方を通じて初の快挙に「長年頑張ってきたご褒美をいただけたのかな、と思っています」とコメントを出しております。1973年のデビュー以降、47年にわたってステッキを振るい続けた経歴は押しも押されもせぬ第一人者の航跡です。

2002年に自身最多となる363の勝ち星を積み上げると、18年8月には地方競馬通算7152勝を達成し、日本記録を更新しました。翌9月には東京記念を制し、最年長重賞勝利記録を打ち立て、64歳となった今季も順調に勝ち星を量産しています。

関連記事

  1. バビット、右前浅屈腱炎発症

  2. 北村友一騎手、落馬負傷で戦線離脱

  3. 天皇賞・秋の登録馬発表

  4. マカヒキ、札幌記念を回避

  5. サトノフラッグ、全治6ヶ月以上の骨折

  6. ウェスタールンド、みやこS回避

  7. 福永騎手、2日間の騎乗停止

  8. タワーオブロンドン、香港国際競走を視野に