福島競馬、春の開催を断念へ

JRAは、4月10日に開幕予定だった1回福島競馬の開催を断念する方針であることがわかりました。

先月13日に発生した福島県沖地震で、福島競馬場周辺でも震度6弱を観測しました。天井の崩落などが一部で伝えられていましたが、調査を進めると、スタンドは東日本大震災当時と同等程度のダメージを受けていたことが判明しました。

何としても開催を行うという強い意志の下、懸命の復旧作業が行われていましたが、余震の可能性を否定できない中、競馬施行の安全性を十分に確保することが困難と判断したため、開催断念を決断した模様です。

振替開催は新潟競馬場で行われる模様ですが、復旧に時間がかかる場合は、夏の福島開催にも影響が出ることが示唆されています。

関連記事

  1. JRAは10月4日までの無観客開催を決定

  2. 凱旋門賞登録日本馬はディアドラのみ

  3. ジャパンカップ枠順確定

  4. 栗東所属のJRA調教師、新型コロナウィルス感染

  5. JRAは2020年7月19日まで無観客開催を決定

  6. 笠松競馬関係者が競馬法第29条違反(馬券購入)の疑い

  7. 有馬記念ファン投票最終発表

  8. JRA、2021年も「HOT HOLIDAYS!」