美浦トレセンの調教師、新型コロナウイルス感染

JRAは22日、美浦トレーニング・センターに所属する調教師1名の新型コロナウイルス感染を発表しました。当該調教師は現在、隔離のうえ療養措置となっています。

以降の中央競馬については、引き続き感染拡大防止の措置を徹底しつつ、開催するとのことです。

関連記事

  1. JRA、2021年も「HOT HOLIDAYS!」

  2. JRAは10月4日までの無観客開催を決定

  3. 栗東所属のJRA調教師、新型コロナウィルス感染

  4. JRA、10月10日より限定で入場再開

  5. 凱旋門賞登録日本馬はディアドラのみ

  6. ジャパンカップ枠順確定

  7. 福島競馬、春の開催を断念へ

  8. JRAは2020年7月19日まで無観客開催を決定