ワールドプレミア、予定通り天皇賞春へ

日経賞で3着のワールドプレミアは当初の予定どおり天皇賞(春)へ向かいます。
日経賞では牝馬2頭に先着を許したものの、休み明け初戦としては上々の動きでした。
陣営が狙う春の最大目標は天皇賞(春)です。菊花賞馬の威光を見せつけてほしいです。(2021.4.4)

関連記事

  1. トーセンカンビーナは昨年同様、アルゼンチン共和国杯へ

  2. トーセンスーリヤは得意舞台の函館記念へ

  3. プリモシーンは関屋記念、ステルヴィオはキーンランドカップへ

  4. 古豪オジュウチョウサンは東京ハイジャンプで復帰

  5. ダンツキャッスルはエルムステークスで連勝を狙う

  6. ダイアトニック、スプリンターズSへ

  7. キセキの転厩後初戦は金鯱賞に

  8. ヤシャマルは新潟記念へ