ワールドプレミア、予定通り天皇賞春へ

日経賞で3着のワールドプレミアは当初の予定どおり天皇賞(春)へ向かいます。
日経賞では牝馬2頭に先着を許したものの、休み明け初戦としては上々の動きでした。
陣営が狙う春の最大目標は天皇賞(春)です。菊花賞馬の威光を見せつけてほしいです。(2021.4.4)

関連記事

  1. トーセンスーリヤは得意舞台の函館記念へ

  2. ポタジェ、次走は毎日王冠

  3. カレンブーケドールは天皇賞秋から始動

  4. インティはマイルチャンピオンシップ南部杯へ

  5. グラティアスはセントライト記念から菊花賞へ

  6. 菊花賞馬タイトルホルダーは次走有馬記念へ

  7. サトノアーサーは関屋記念連覇を狙う

  8. アーモンドアイは天皇賞秋が目標