アメリカンシードはエルムステークスでダート重賞制覇を目指す

アメリカンシードはエルムステークスに挑みます。
ダートに転向してから破竹の勢いであっさりオープン入りを果たしましたが、さすがに重賞の壁には苦戦しているようです。
函館ダートは前残りが顕著なので、アメリカンシード脚質は合うはず。
ここを制しダート重賞を取りたいところです。(2021.7.5)

関連記事

  1. デアリングタクト、ジャパンカップへ

  2. 紫苑ステークスで3着のミスフィガロは秋華賞へ

  3. 現役最強馬クロノジェネシスは有馬記念がラストラン

  4. アスクワイルドモアはホープフルステークスへ

  5. 7/21版 3歳・古馬有力馬の次走情報(トーラスジェミニなど)

  6. 南部杯4着のインティ、次走はチャンピオンズカップ

  7. 有力2歳馬の予定(リフレイム、サトノレイナス)

  8. マルシュロレーヌはエルムステークスへ