ユニコーンライオンの秋の初戦は京都大賞典

ユニコーンライオンの秋の初戦は京都大賞典です。
今年の鳴尾記念はスローの展開を活かしてそのまま逃げ切り、前走の宝塚記念においてもノーマークの逃げで2着に入選しました。近2戦の結果から今回のマークは必至で、どのような競馬をするのか注目です。(2021.9.12)

 

関連記事

  1. グランアレグリア大阪杯へ

  2. 3歳牝馬ソングラインは関屋記念へ

  3. ウインキートスはクイーンステークスを狙う

  4. ウラヌスチャーム、シャドウディーヴァ、エリ女杯へ

  5. 3/3版 3歳馬の有力馬の次走情報(クライミングリリーなどなど)

  6. 2/18版 3歳馬の有力馬の次走情報(ランドオブリバティなど)

  7. 新潟大賞典を制したサンレイポケットは毎日王冠へ

  8. セイウンコウセイの次走はキーンランドカップ