ユニコーンライオンの秋の初戦は京都大賞典

ユニコーンライオンの秋の初戦は京都大賞典です。
今年の鳴尾記念はスローの展開を活かしてそのまま逃げ切り、前走の宝塚記念においてもノーマークの逃げで2着に入選しました。近2戦の結果から今回のマークは必至で、どのような競馬をするのか注目です。(2021.9.12)

 

関連記事

  1. ストーミーシーは安田記念を回避

  2. マルターズディオサは京成杯オータムハンデへ

  3. ダノンプレミアム、天皇賞・秋へ

  4. トロワゼトワル、府中牝馬ステークスへ

  5. エアアルマス、みやこSで復帰予定

  6. ビアンフェはセントウルステークスへ

  7. マウントゴールドは福島記念へ

  8. ユーキャンスマイル、ワールドプレミア、JCへ