ユニコーンライオンの秋の初戦は京都大賞典

ユニコーンライオンの秋の初戦は京都大賞典です。
今年の鳴尾記念はスローの展開を活かしてそのまま逃げ切り、前走の宝塚記念においてもノーマークの逃げで2着に入選しました。近2戦の結果から今回のマークは必至で、どのような競馬をするのか注目です。(2021.9.12)

 

関連記事

  1. コントレイルは3冠制覇へ菊花賞目標

  2. マルシュロレーヌはエルムステークスへ

  3. メイケイエールは次走、スプリンターズステークスへ

  4. ダノンスコーピオンは次走デイリー杯2歳ステークスへ

  5. 牝馬パルティアーモは新潟記念へ

  6. ミスニューヨーク、秋華賞は長岡騎手

  7. タイトルホルダーはセントライト記念から始動

  8. サンライズソアはプロキオンステークスで復活を目指す