タイトルホルダーは菊花賞でリベンジなるか

セントライト記念で見せ場を作れず13着に終わったタイトルホルダーは菊花賞でのリベンジを発表しました。
セントライト記念では他馬のマークで実力を全く発揮できませんでした。
能力を出し切れれば上位争いできる器なので、包まれないような騎乗に期待したいです。(2021.9.26)

関連記事

  1. サリオス、次走はマイルCSか香港

  2. ベルウッドブラボーは朝日杯フューチュリティステークスへ

  3. タガノビューティーは武蔵野ステークスへ

  4. 良血馬コマンドラインはサウジアラビアロイヤルカップ

  5. セントライト記念2着のソーヴァリアントはチャレンジカップへ

  6. 注目の2歳牝馬ミントはアルテミスステークスへ

  7. ヴィジュネルは次走阪神カップへ

  8. オウケンムーンは次走中日新聞杯へ