皐月賞馬エフフォーリアは天皇賞秋へ

今年の皐月賞馬エフフォーリアはクラシック最後の1冠菊花賞ではなく天皇賞秋への参戦が発表されました。
ダービーでは惜しくもシャフリヤールに及びませんでしたが能力の高さは証明済み。
初めての古馬混合戦が吉と出るか凶と出るか分かりませんが、トップクラスのメンバーが揃う天皇賞を勝てれば世代の頂点だけでなく現役トップへの道も開けるでしょう。(2021.9.30)

関連記事

  1. アサマノイタズラはラジオNIKKEI賞へ

  2. サウンドキアラは昨年に続きスワンステークスへ

  3. 上がり馬のフライライクバードはアルゼンチン共和国杯へ

  4. ストーミーシーは安田記念を回避

  5. ヴィクティファルスはセントライト記念から始動

  6. レッドベルアームは次走に東スポ杯2歳ステークスを選択

  7. ハヤヤッコ、東海Sへ

  8. セイウンコウセイ、ひと叩きして高松宮記念へ