ワールドプレミアは天皇賞秋へ

ワールドプレミアは天皇賞秋へ出走します。
春の天皇賞では長距離のスタミナ勝負を制し、菊花賞馬としての強さを改めて証明しました。
天皇賞秋は距離が短くなり、瞬発力が求められやすい舞台です。
脚質が合うかは微妙ですが、次走以降に繋がる一戦にしてほしいです。(2021.9.30)

関連記事

  1. 7/28版 2歳馬の次走情報(アネゴハダなど)

  2. アサマノイタズラ、次走はセントライト記念へ

  3. 7/8版 2歳馬の次走情報(ニシノレバンテなど)

  4. ソダシ、桜花賞直行

  5. 2/18版 古馬有力馬の次走情報(ダノンファンタジーなど)

  6. クロノジェネシス、宝塚記念の鞍上はルメール騎手

  7. 皐月賞馬エフフォーリアは天皇賞秋へ

  8. ロザムールはオールカマーへ