ワールドプレミアは天皇賞秋へ

ワールドプレミアは天皇賞秋へ出走します。
春の天皇賞では長距離のスタミナ勝負を制し、菊花賞馬としての強さを改めて証明しました。
天皇賞秋は距離が短くなり、瞬発力が求められやすい舞台です。
脚質が合うかは微妙ですが、次走以降に繋がる一戦にしてほしいです。(2021.9.30)

関連記事

  1. トゥラヴェスーラはセントウルステークスから始動

  2. ベルウッドブラボーは朝日杯フューチュリティステークスへ

  3. ラッキーライラック、エリザベス女王杯連覇へ

  4. コントレイルは神戸新聞杯から菊花賞へ

  5. プレシャスブルーは新潟記念を狙う

  6. 良血馬ベルクレスタはアルテミスステークスへ

  7. ワールドプレミア、予定通り天皇賞春へ

  8. ダイワキャグニーは毎日王冠を視野