アンティシペイト、次走はアルゼンチン共和国杯

アンティシペイトはアルゼンチン共和国杯を目指します。
条件戦では安定した成績で賞金を加算しました。
前走のオホーツクステークスでも末脚を生かして勝利しているので、アルゼンチン共和国杯の舞台となる東京2500mの距離も問題ないでしょう。
重賞の厚い壁を乗り越えられるか注目の1戦となるでしょう。(2021.10.10)

関連記事

  1. アドマイヤポラリスは新潟記念へ

  2. レシステンシアはセントウルステークスから始動

  3. ファストフォースは北九州記念で重賞連勝を目指す

  4. ワールドリバイバルはセントライト記念へ

  5. グレナディアガーズはファルコンSより始動

  6. マルターズディオサ、ひと叩きしてVMへ

  7. ラーゴムは新潟記念へ

  8. ダノンキングリーは毎日王冠から始動