昨年の覇者のオーソリティは今年もアルゼンチン共和国杯へ

昨年の覇者のオーソリティは今年もアルゼンチン共和国杯を目指します。
今年の天皇賞春のあとに骨折が判明し、無念の長期離脱となりました。
東京コースは(2-1-0-0)の相性抜群。
怪我明け初戦となりますが得意の舞台で適正の高さと能力を出し切れるかがポイントです。(2021.10.10)

関連記事

  1. カラテは次走富士ステークスへ

  2. アネモネステークスを制したアナザーリリックは次走秋華賞

  3. ステルヴィオは京成杯オータムハンデへ

  4. 牝馬のフェアリーポルカは福島記念へ

  5. コントレイルは神戸新聞杯から菊花賞へ

  6. カフェファラオ、シリウスSへ

  7. 注目の2歳牝馬ミントはアルテミスステークスへ

  8. コントレイル、ジャパンカップ参戦決定