昨年の覇者のオーソリティは今年もアルゼンチン共和国杯へ

昨年の覇者のオーソリティは今年もアルゼンチン共和国杯を目指します。
今年の天皇賞春のあとに骨折が判明し、無念の長期離脱となりました。
東京コースは(2-1-0-0)の相性抜群。
怪我明け初戦となりますが得意の舞台で適正の高さと能力を出し切れるかがポイントです。(2021.10.10)

関連記事

  1. 上がり馬ヒシイグアスは天皇賞秋へ

  2. クロノジェネシス、宝塚記念の鞍上はルメール騎手

  3. ヨーホーレイク、次走は神戸新聞杯

  4. ファンタジーステークスで5着に入選したアネゴハダは阪神ジュベナイルフィ…

  5. マルターズディオサ、ひと叩きしてVMへ

  6. モズベッロは宝塚記念で悲願のタイトルへ

  7. セイウンコウセイの次走はキーンランドカップ

  8. ストーミーシーは安田記念を回避