タガノビューティーは武蔵野ステークスへ

タガノビューティーは武蔵野ステークスに挑みます。
一時は芝レースにも挑みましたが本質はやはりダート馬。
東京で5勝と実績も申し分なくオープンレースを2勝と勢いにも乗っていて、ここでも上位人気は避けられません。
無事に人気に応える事ができるか、試金石の一戦となりそうです。(2021.10.15)

関連記事

  1. キングストンボーイは神戸新聞杯へ

  2. シャドウディーヴァは今年も府中牝馬ステークスへ

  3. 函館2歳ステークス制覇のナムラリコリス、放牧へ

  4. 毎日王冠組の次走(ダイワキャグニー、サトノインプレッサ)

  5. ヨーホーレイク、次走は神戸新聞杯

  6. トーセンカンビーナは昨年同様、アルゼンチン共和国杯へ

  7. エフフォーリアは有馬記念へ

  8. キルロードは京阪杯で初の重賞制覇を狙う