京都大賞典を制したマカヒキはジャパンカップへ

京都大賞典を制したマカヒキの秋の最大目標はジャパンカップです。
前走の京都大賞典では5年ぶりとなる感動的な勝利をあげ多くの競馬ファンの心を掴みました。
メンバーレベルは大幅に上がりますが、ダービー馬としての威厳を再び証明してもらいたいものです。(2021.10.29)

関連記事

  1. ダンテスヴューは次走東スポ杯2歳ステークスへ

  2. 昨秋のスプリンター王タワーオブロンドンはセントウルステークスから始動

  3. カレンモエは京阪杯へ

  4. アサマノイタズラ、次走はセントライト記念へ

  5. ダノンプレミアム、天皇賞・秋へ

  6. ペルシアンナイトは天皇賞秋へ

  7. トーセンスーリヤは得意舞台の函館記念へ

  8. 6/1版 3歳有力馬の次走情報(エフフォーリアなど)