オークスを制したユーバーレーベンはジャパンカップへ

今年のオークスを制したユーバーレーベンはデムーロ騎手と共にジャパンカップに向かうことが発表されました。
秋華賞は展開不利で能力を出し切れませんでしたが、その分疲れは残っていないでしょう。
3歳牝馬としての斤量の恩恵も大きいですし、チャンスは十分あるでしょう。(2021.10.29)

関連記事

  1. ファストフォースは北九州記念で重賞連勝を目指す

  2. セイウンコウセイ、ひと叩きして高松宮記念へ

  3. リアアメリア、クラヴァシュドールはローズSへ

  4. ダノンザキッド、次走は弥生賞

  5. インディチャンプは安田記念へ

  6. 日経新春杯を制したショウリュウイクゾは京都大賞典へ

  7. クリノガウディーの次走セントウルステークスへ

  8. トーセンシュシュはアルテミスステークスへ