レイハリア、次走は京阪杯

レイハリアは京阪杯に向かいます。
今年は短距離レースで4勝をあげ、前走のキーンランドカップも初重賞ながら先行競馬で勝利を手にしました。
早い段階から陣営は京阪杯を目標にしていたので、間違いなくここがメイチでしょう。
人気を背負うことは免れないでしょうが、人気に応える可能性は非常に高いと考えられます。(2021.10.29)

関連記事

  1. バイオスパークは昨年に引き続き今年も福島記念に出走

  2. ウインキートスはクイーンステークスを狙う

  3. 日経新春杯を制したショウリュウイクゾは京都大賞典へ

  4. キセキの秋の目標は天皇賞・秋

  5. エリザベス女王杯出走馬の次走(サトノガーネット、リュヌルージュ)

  6. デアリングタクト、金鯱賞から2021年始動

  7. 紫苑ステークスで3着のミスフィガロは秋華賞へ

  8. モズアトラクションはプロキオンステークスへ挑む