7歳馬のラヴィングアンサーは京阪杯へ

7歳馬のラヴィングアンサーは京阪杯を目指します。
今年は北九州短距離ステークスを制しましたが、その後の3戦は凡走が続いています。
年齢的にもピークは過ぎていますし、若駒の有力馬たちが揃った今回は、上位争いは簡単ではないでしょう。(2021.10.29)

関連記事

  1. 7/28版 2歳馬の次走情報(アネゴハダなど)

  2. カレンモエの次走はセントウルステークス

  3. グロンディオーズは目黒記念を目標に

  4. ダノンファンタジーの秋一戦目はスワンステークス

  5. 新潟大賞典を制したサンレイポケットは毎日王冠へ

  6. トゥラヴェスーラは北九州記念へ

  7. 3歳馬のグレートマジシャンは毎日王冠へ

  8. コンパウンダーは北九州記念へ