ダノンスコーピオンは次走朝日杯FSへ

ダノンスコーピオンは次走朝日杯フューチュリティステークスに向かいます。
前走の萩ステークスは2着馬との差こそクビ差できたが、3着馬以降には5馬身以上も突き放していて間違いなく世代上位の力を証明したと言えるでしょう。この2歳G1を制して、チャンピオンとして来年に飛越したいです。(2021.11.20)

関連記事

  1. アーモンドアイ、JCがラストラン

  2. ミスニューヨーク、秋華賞は長岡騎手

  3. ジョーカナチャンは北九州記念へ転戦予定

  4. 7/28版 2歳馬の次走情報(アネゴハダなど)

  5. クリンチャー、名古屋大賞典へ

  6. 目黒記念を制したウインキートスはエリザベス女王杯へ

  7. カテドラルはマイルチャンピオンシップへ

  8. オーソクレースはセントライト記念で復帰