菊花賞馬タイトルホルダーは次走有馬記念へ

タイトルホルダーは次走有馬記念に進みます。
前走の菊花賞では同世代のクラシックホースこそ出走しませんでしたが、余力を残した逃げで2着馬に5馬身差の完勝でした。
有馬記念も長距離色の強い舞台なのでチャンスは十分にありそうです。
父が出られなかった舞台でグランプリタイトルを掴みたいところです。(2021.11.28)

関連記事

  1. ソネットフレーズは次走にデイリー杯2歳ステークスを予定

  2. デアリングタクト復帰戦は金鯱賞

  3. ウインキートスはクイーンステークスを狙う

  4. 皐月賞馬エフフォーリアは天皇賞秋へ

  5. マルターズディオサ、阪神Cへ

  6. モズアスコット、ハヤヤッコ、チャンピオンズCへ

  7. マンオブスピリット、キメラヴェリテ、菊花賞へ

  8. 2/24版 古馬有力馬の次走情報(アドマイヤビルゴなど)