ディープボンドは次走有馬記念へ

ディープボンドは有馬記念を目指します。
前走の凱旋門賞では重馬場が苦しめられ、思うような競馬が全くできませんでした。
ジャパンカップでコントレイルが引退するため、必然的に今後はノースヒルズを背負う一頭となります。
決して中山コースは得意舞台ではないですが、ベストを尽くしてほしいところです。(2021.11.28)

関連記事

  1. 大阪杯勝ち馬レイパパレはエリザベス女王杯へ

  2. カレンモエは京阪杯へ

  3. オジュウチョウサン、中山大障害回避

  4. アルナシームは東スポ杯2歳ステークスへ

  5. エタリオウ、年内休養へ

  6. ラウダシオンは次走富士ステークスへ

  7. ラッキーライラック、エリザベス女王杯連覇へ

  8. リリーピュアハート、アブレイズ、ローズSへ