オメガパフュームは昨年同様東京大賞典へ

オメガパフュームは昨年同様、東京大賞典に向かいます。
6歳になっても衰えを知らない馬で、ダートの第一戦で活躍している馬主孝行な馬です。
レースが開催される大井競馬場の適性も非常に高く、史上初の東京大賞典4連覇を成し遂げられるか注目の一戦となります。(2021.11.29)

関連記事

  1. ステラヴェローチェは神戸新聞杯から始動

  2. 忘れな草賞を制したステラリアは秋華賞へ

  3. レシステンシアはセントウルステークスから始動

  4. ヴァンドギャルド、ペルシアンナイト、マイルCSへ

  5. トーセンシュシュはアルテミスステークスへ

  6. 無傷の3勝馬セリフォスは朝日杯FSへ

  7. エアアルマス、みやこSで復帰予定

  8. レッドベルオーブは皐月賞へ直行