6/10版 古馬有力馬の次走情報(クリンチャーなど)

  • 鳴尾記念を勝ったユニコーンライオンは、宝塚記念へ向かうことになりました。
  • さきたま杯を勝ったアルクトスは、JBCスプリントを目標に調整され、マイルチャンピオンシップ南部杯を挟むかもしれないとのことです。
  • さきたま杯2着のエアスピネルは、マイルチャンピオンシップ南部杯、JBCスプリント、武蔵野ステークスを視野に進められるそうです。
  • 鳴尾記念4着のペルシアンナイトは、札幌記念を予定しています。
  • 福島牝馬ステークス3着のサンクテュエールは、マーメイドステークスへ向かうことになりました。
  • 鳴尾記念で9着に敗れたブラヴァスは、札幌記念を視野に入れて調整されることになりました。
  • マリーンカップ5着のレッドアネモスは、芝に戻して巴賞で復帰予定となりました。
  • 名古屋大賞典1着クリンチャーは、C.ルメール騎手との新コンビで帝王賞へ向かいます。
  • 安田記念4着インディチャンプ、同10着ケイデンスコール、同12着カテドラル、同14着ラウダシオンは、放牧となりました。
  • 鳴尾記念5着ワイプティアーズは、七夕賞を予定しています。
  • アハルテケステークス16着サンライズソアは、プロキオンステークスを視野に調整されます。

関連記事

ページ上部へ戻る